点滴の画像

「看護師は大変だけど素晴らしい職業です。」

このブログを書くに当たり、一番初めに伝えたかった言葉です。

現在は、全国的に看護師が足りていない状況だと言われています。もちろん勤めている病院や勤務している科によって異なってくるものですが、ある意味肉体労働と考えても良いでしょう。基本的に立ち仕事です。病院中を駆け巡ります。夜勤もあります。人の命の隣の仕事なので精神的にまいってしまうこともあります。

でもだからこそ、やりがいがあります。患者さんが元気な姿で退院されるのを見ると「この仕事をやっていてよかった!」と心から思います。

私にとっては最高の仕事である看護師の事を、沢山の人に伝えられたら良いと思い、このブログを作成しました。

 

看護師のこと、どう思っています?

薬の画像

私たち看護師は、世間からどのように思われているのだろうか?たまに考えることがあります。誰もが、病気になった時に病院に行くくらいで、たまにしか看護師の仕事風景を見ることはありません。

なのでイメージとして

  • 患者さんの呼び出しをしている人
  • 注射をする人
  • 会計をする人

くらいにしか思われていないかもと思いました。看護師がハードな仕事だということが認知されていないと思ったのです。だからこそ、どういったことを仕事にしているのかを伝えたいと思いました。

 

お給料は悪くないし、安定はしています

看護師の仕事は大変かもしれません。看護師の転職が多いという話もありますが、事実だと思います。私も転職しましたから。でも、その分お給料は悪くはないと思います。通常の日勤だけでは正直多いとは言えませんが、夜勤をすることによって、かなりの収入になります。夜勤を嫌がる方もいらっしゃいますが、進んで夜勤を選ばれる方もいます。

また、特に大きな病院は潰れる心配がほとんどありません。地域に密着した病院も潰れる可能性は低いです。そのため、不景気で会社がどうなるか分からず、心配しながら会社勤めしている人からしてみると、安定した仕事であると言えます。

また、出産や育児で現場を離れていたとしても、復帰しやすい仕事と言えます。常に看護師不足であるためかもしれませんが。

何を優先するのか?

「仕事に何を求めるのか?」と言うことが大事になってくると思います。「充実度」「安定」「収入」を考えるのであれば、看護師は悪くないと思います。「楽」を求めるのであれば辞めたほうが良いと思います。

色々ありますが、まとめると『最高の仕事』だと私は思います。

独身時代に自分への投資として

視力の悪さに困ったためレーシックを考えた

看護師として働いていて自分への投資は大事だと感じました。特に看護をしている立場として、自分の体調管理は必須だと思いました。そのため、悪い所は治そうと思ったのです。私の体の中で調子が悪い一番の箇所は「目」でした。眼鏡をかけて勤務していたのですが、眼鏡をかけなくて良いのならかけたくはありません。と言うこともあり、まず視力を何とかしようと思い、レーシックに興味を持ちました。レーシック体験をした人がすでに周りに何人かいたので、話を聞いてみると怖かったけどやってよかったと言っていました。実際私もやってみて、しばらくの間は目が乾きやすく目薬を手放せない状態でしたが、それもだんだん落ち着いていき今では快適です。

見えないところでオシャレをしたかった

看護師をしていると勤務しているときにオシャレをするということは出来ません。例えば指輪。衛生上、一生懸命泥石鹸で手洗いをしたとしても、指輪の隙間に雑菌が残っている可能性があります。そのため、外すようにしていました。その他の貴金属も、患者さんと接触する時に、相手の皮膚を傷付けてしまう可能性があります。なので、貴金属は全て外して勤務していました。おそらく多くの看護師は同じようにしているのではないでしょうか。しかしやっぱり女性です。少しでもオシャレをしたいと考えます。なので人に見えなくても自分流のオシャレを考えるのです。私の場合はネイルをしていました。

手にネイルをしては同じように衛生上問題につながりかねませんので、「足」にネイルをしていました。誰からも見えません。完全に自己満足です。それでもネイルサロンに行くことがリラックスにも繋がり良かったと思っています。私の場合時間の融通が利く個人の方が開業しているネイルサロンに行っていました。朝早くでも夜遅くでも対応してくださったので毎月1回~2回は行くようになっていました。時間の融通の利くネイリストの話を同僚にしたら、彼女たちもいつの間にか通うようになっていました。やっぱり女性です。オシャレはしたいですよね。